2019年6月15日土曜日

MTBに乗るなら、目指せ!王滝村

『セルフディスカバリーアドベンチャーイン王滝』
MTBのクロスカントリーレースの最高峰と呼ばれ続けているレース。通称”オータキ”。
私が始めて参加したのが10年前。
以来、癖になってしまって春の大会の参加が今まで続いています。
ドバッツから今回は初参加のフレッシュな10代2名を含め8名の参加でした。

今回の大会はこんな具合でした。
お客さんたちとは現地で集合し、おしゃべりを楽しみながらのゆうげのひと時。

コースの説明もあります。

翌朝6時 いよいよ100kのスタートです。



100kの猛者たちが公園をスタートしていく図。
約1000人の隊列は壮観です。

100kのスタートを見送ったら42kのスタートまで移動です。
ココが我々42kのスタート地点
こちらも約500人の大行列。

27k付近のチェックポイント
トイレに行ったり、補給をしたり、ホッと一息入れましょう。
ゴールはあと15k先です。

少々登ったら、10kもの長~い下りが待っています。
下りはスピードが出るので集中力を切らすと転倒し、大怪我につながります。
とはいえ、スリルがあって大好きです。
ゴールして一息ついていると初参加のSくん、シングルスピードで参加のNさんも帰ってきました。

転倒もなく参加したお客さんみんな無事帰還です。
MTB愛好者の皆さん、一度はチャレンジする価値はありますよ。
秋の大会には出口が参加します。
一緒に行きませんか?
参加表明をお待ちしています。

2019年6月5日水曜日

やっぱり琵琶湖は日本一”ビワイチサイクリング”

忙しさにかまけてブログの更新が滞りましてゴメンヤス。
おくればせながら”ビワイチサイクリング”のご報告です。

ピカピカの令和の時代の幕開けにふさわしい日本一の琵琶湖と青い空。
風も穏やかなサイクリング日和です。
スタートは米原の”近江母の郷”

清々しい朝日を浴びてペダルを回そう。

春の風を受けて走る湖畔
サイコーだ。

お昼ご飯は”安曇川キッチン”の蕎麦がおススメ
歯ごたえOK!
のどごしヨシッ!

ドバッツ隊は軽快に西湖岸を南下していきます。

琵琶湖大橋を渡ったら東湖岸を北上です。



湖畔の風にあたり小休止
160キロのゴールはもうすぐそこ。
永かったような気もするし、アッという間のような気もする。
もすぐ琵琶湖とお別れだあ。

琵琶湖の風に吹かれて、さざ波の音を聞く”シミター”の図 しんみり

皆さんお疲れさまでした。
いい汗かきましたね。
また行こうね。

2019年5月10日金曜日

臨時休業のお知らせ

5月12日(日曜日)ビワイチサイクリングのため
臨時休業いたします。
ご不便をおかけいたしますがよろしくお願いします。

2019年4月26日金曜日

超黄金週間中の営業のお知らせ

いよいよ新元号『令和』に代わります。
ということは、チョー大型連休の始まりです。
当ドバッツは以下のように営業いたします。

4月27日(土)9:00~19:30 (サタデーライド 8:00~)
4月28日(日)9:00~19:30 (”山遊び” 7:30~)
4月29日(月)14:00~19:30
4月日30(火)14:00~19:30
5月1日(水)定休日
5月2日(木)定休日
5月3日(金)14:00~19:30 (ラーメンサイクリング 19:30~)
5月4日(土)9:00~19:30 (サタデーライド 8:00~)
5月5日(日)9:00~19:30 (サンデーライドPLUS 7:30~)
5月6日(月)9:00~19:30

5月12日(日)臨時休業(ビワイチサイクリング)
連休が何だっ!
ドバッツは連休中もオープンしてます。
どうぞお越しください。

2019年4月14日日曜日

新モデル”Phoebus"ホエーブス

以前、限定で少量生産をして好評でしたラグモデルの
Phoebus・ホエーブスをラインナップに加える事になりました。
2019ハンドメイドバイシクル展でも多くの反響をいただいております。


カラーオーダーが可能です。
490・520・550ミリの3サイズの展開を予定しています。


フルオーダーフレームのPhoebe・フィービーと同じ美しいカーブを描く
ドバッツ・オリジナルベンドフォーク。
ホリゾンタルトップチューブ採用で、しなやかな乗り味となっています。




※写真は以前に製作したモデルです。
フロントフォークやリアエンド部分など写真のモデルと変更が有りますので
詳細写真、仕様書をご確認ください。

カラーリング、パーツ選び次第でクラシックスタイルからモダンスタイルまで
お好みのスタイルで組み上がります。
工作のオプションも用意していますので用途、お好みに合わせてカスタムできます。
サイズ、オプションを絞ることで、今までオーダーは難しいとお考えだったお客様にも
選びやすく、ストックのあるサイズについては納期を大幅に短縮しました。
フォークの曲げやラグの仕上げなど、丹精込めたフルオーダーフレームと変わらぬ
クオリティで製作しています。
ドバッツを身近に、そして奥深く感じていただける1台に仕上がっています。

《価格》
180,000円


《仕様》
フレーム&フォーク(1”アヘッド)
チュービング カイセイ 022
クロモリベンドフォーク
ロングポイントのイタリアンカットラグ
ホリゾンタルトップチューブ
700×28cタイヤ対応
単色ソリッドカラー塗装込み
カラーオーダー可能
Wレバー台座
Wレバー台座取付け用シマノ製アウターストッパー付属

サイズ(㎜)
シート
チューブ長
トップ
チューブ長
ヘッド
アングル
シート
アングル
チェーン
ステー長
ヘッド
チューブ長
標準適応身長(㎝)
490
490
510
71°
75°
410
82
158168
520
520
525
72°
74°
410
104
167174
550
550
540
72°
73.5°
410
136
173180


※標準適応身長については参考値です。プロショップ様でご相談ください。

《オプション》 
Di2内装工作\5,000 リアキャリアダボ\4,000
FD直付け台座\3,000 ダウンチューブ下ボトルケージ台座追加\3,000
メタリックカラー\4,000 ネーム入れ\3,000
2色塗分け、その他多色塗分け等ご相談ください。

価格は全て税抜きです。
仕様、価格については変更になる場合がございます。ご注文時にご確認ください。
2019年4月14日現在、520ミリの在庫がございます。納期約1.5~2か月です。

ウィロー

先日オーナー様にお引き渡しをいたしました”ウィロー”
草花や木々が芽吹くこの季節にピッタリの輝くグリーンです。
車種のカテゴリーにとらわれず、自由な乗り方と柔軟な発想が生んだ”ウィロー”。


大きな特徴となっているオフセットしたトップチューブ

トップチューブをオイルラインが貫通しています。

ポリッシュ仕上げが美しいSONのヘッドライト

同じくSONのダイナモハブ
電装ケーブルはフォークブレード、ヘッドライトステーに内装され、
すっきりしたデザインに一役買っています。

オリジナルステム
フレームと同様の仕上がりとカラーリング、
さらにアルミポリッシュのトップキャップを製作しました。

白いロゴが誇らしげです。

デュラエースのコンポーネントに加え、
本所のマッドガード、SONのライト、フロントハブ、
ホワイトインダストリーズのリアハブのポリッシュ仕上げと
SMPのサドル、スパカズのバーテープの白が爽やかなグリーンと調和しています。







『お花見サイクリング2019』の巻

4月6日 待ってました! 春だ、桜だ、ドバフェスだよ~~!
花の具合も天気もサイコー!
香流川の並木は圧巻です。

目的地の平和公園でマッタリと休憩です。

記念写真スポットはココです。
”尾張のピサの斜塔”と呼ばれていない『虹の塔』
さらに、藤が丘の桜並木をはしごして帰る”桜三昧”です。

帰ったら急いでBBQの準備です。
いろんなものが網の上で美味しく焼けてきます。
あまりに忙しく食べていたので写真なし。
お腹が落ち着いたところで”ドバフェス・ライブ・アンダー・ザ・スカイ”の開演です。


お客さんであり、ミュージシャンのMさん率いる”M族”のJazzライブでさらに盛り上がりました。
音楽は世界共通語ですから。
はや10年ほども続けて演奏していただいています。
年々パワーアップです。

ここで記念写真とイキましょう。パチリッ!
”M族”の皆さん、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
これでドバッツに春が来たぞと・・・