2018年11月18日日曜日

エキップ

豊富なMTBキャリヤを持ちアクティブに里山を走るオーナーのライディングスタイルを形にしました。

店頭で試乗車をご覧いただき気に入っていただきました。
乗車姿勢を第一に、高い脚力とスキルに合わせたジオメトリーです。

ブレーキホース、シフトワイヤーともにヘッドチューブからフレームに内装されています。
ドロッパーポストのワイヤーのための内装工作もされています。
もちろんテーパーコラムに対応する44㎜ヘッドチューブです。

シフトワイヤーはすっきりとチェーンステーまで内装されています。

12ミリスルーアクスル

無骨になりがちなマウンテンバイクもドバッツの真骨頂”フィレットフィニッシュ”で洗練された佇まいになりました。

乗車姿勢を崩さず、機能だけでなく、美しくフレームの一部となっているステム。

あなたのライディングスタイルが作り上げるMTB”Equip”


八ヶ岳山麓 小淵沢マウンテンバイクツーリング

11月11日
”山遊び”番外編として八ヶ岳山麓の小淵沢周辺サイクリング。
マウンテンバイクのプロライダー、マシュンこと松本 駿さんが道案内をしてくれるツアーライドです。

朝日の中出発です。
ヒンヤリとした高原の空気は清々しいなあ。



ヤッホー!!!
マシュンもノリノリ


森の中でティータイムは格別です。


マシュン氏の高校生の娘さんがしんがりを走ってサポートしてくれました。
おかげでビギナーも安心して走れました。
彼女は春からプロライダーとしてデビューします。
並みいる強者に負けず活躍を期待しています。
応援しますよ。

午前の部が終了しました。
澄んだ青空を眺めながらお腹を満たします。


午後にもちょっと短めのライドを楽しみます。

トレールにはお馬さんも通ります。
近くで見ると大きさに圧倒されます。
優雅です。

スピードは出なくてもスリルと爽快感はMTBならではです。

楽しい一日をありがとうございました。






2018年11月6日火曜日

木曜午後のプチサイクリング

水泳教室の後、澄んだ秋の空を眺めながら気ままなサイクリングに出かけました。
口論義公園のプールからのんびりペダルを回せば45分で愛知牧場に到着。
搾りたてのミルクで作るソフトクリームは絶品です。


ポニーのお出迎え

さらに足を延ばして
前から気になっていた『日本一たい焼き』へ

季節限定 安納芋の餡入り焼き立て
ウマいわ~!

さらに進めば地元ではおなじみリニモの基地があります。
リニモは2005年愛知万博に合わせて開通した鉄道です。
車輪ではなくリニアモーターで浮き上がって走ります。

これがリニモの軌道
おなじみの線路とは違います。

モリコロパークあたりから遠くに養老山脈や名古屋駅界隈が見えます。

この時期の日暮れは早いですね。
ずいぶん影が伸びてきました。
さあ、サイクリングはこの辺にして家に帰ろう。

今日のお供は家族で使用しているお散歩号でした。




2018年11月4日日曜日

秋深し11月の”ラーメンサイクリング”のこころだ~

いい季節です。
昼はポカポカ朝夕冷んやり、私の好きな季節です。
我々のバイブルとしている”ラーメン食べ歩き2017”のネタをいよいよ食べつくしたかと思ったら、そんなことはありません。
今回目指すのは東区徳川の『如水』
名古屋では知られた名店です。


到着。ここが『如水』

有名店だけにお客さんが次々に入ってきます。
チャーシューやスープの香りの漂う店内で待つこと約10分

出たっ さっぱり味の『塩ラーメン』大盛り
看板メニューです。
少々硬めの細麺にチャーシュー、メンマのみのシンプルさ。
煮干しかカツオか、出汁の効いたスープが胃袋にひろがります。


O君が食べている炊き込みご飯も美味しそうです。
満腹!
なぜかほっとする矢田川の北に広がる街の明かりを眺めながらの帰り道、
幸せな気分です。
夜の街を走ってラーメンを味わうチョーシンプルなサイクリング。
あなたもご参加ください。
次回は12月7日(金)19:30

2018年10月30日火曜日

サクシード

オーナーにとって2台目のサクシードです。
ドバッツを気に入っていただき製作者として光栄です。
主な用途はレースではなくロングライド。


オーダーメイドといえば何をおいても”フィット感”
納車時から、そこにはシックリ長い間なじんだ姿勢があなたを待っています。
”しなり”を生かした走りは長距離、長時間の走行でも足にやさしくライダーの背中を押してくれます。
チューブの素材、太さで”乗り味”も選んでいただけます。
カーボン、アルミ素材の自転車にはない細身のシルエットは
派手さを抑えた上品な佇まいです。

スルーアクスル、フラットマウントディスクブレーキもお選びいただけます。



ドバッツならではの美しいフィレットブレイジング


テーパードフォークに対応する44㎜ヘッドチューブ

オプションも豊富です。
熟成された素材・シンプルなデザイン・フィット感
パートナーとして飽きることなく、永く乗り続けたくなるかけがえのない一台です。


2018年10月28日日曜日

”山遊び”秋の巻

まさに秋晴れ
澄んだ空気の中で日差しを受けて
稲刈りの終わった田んぼや草木から湯気が立ち上ります。
そんなのどかな風景の中、”山遊び”の始まり始まり!


マウンテンバイクを初めて体験する10代の若者Sクン。
少々難易度の高いコースですが、そこは若さでチャレンジしてみましょう。
まずは、経験豊富な先輩方のお手本走行を見せてもらおう。
おお、やるなあ。


大切なのは走行中の重心の置き場です。
基本姿勢はペダルを前後にしてサドルから少しおしりを浮かせた中腰の姿勢。
険しい下りは思い切って腰を後ろに引きます。


先輩は「こういう時はコウしなきゃ」
「ほら、こうやって」と
身振り手振りも合わせてアドバイスをしてくれます。
フムフム、そうだったのか!

休憩タイムにはおやつをほおばりつつマッタリと。
私のとっておきは粒あんパン5個入りとチョコレートです。
ドライフルーツも大好きです。


途中、下りで一回転したSクン。
きっとすぐに上手になりますよ。
そういう私も一回転。
コケるのも含めて”山遊び”なんです。
またこれからも一緒にコケに行きましょう。
待ってるよ。

次回の”山遊び”は11月25日(日)です。
お楽しみに。



2018年10月26日金曜日

待ってました! 10月の”山遊び”

異常に暑かった夏が過ぎ、爽やかな秋がやって来ました。
さあ、楽しみましょう
”山遊び”は毎月第4日曜日7:00に出発です。

日時:10月28日 7:00
行き先:XX
持ち物:ヘルメット、グローブ等安全装備、パンク修理道具 その他

参加ご希望の向きはご連絡をお願いします。

2018年10月23日火曜日

ウィローを相棒にプチツーリング

毎週木曜日、店の定休日に習っている水泳はもう5,6年は続いています。
トライアスロンを始めたのがきっかけです。
運動も好きですし、新しい知り合いもできるし気分もリフレッシュできます。
天気が良ければ自転車で行きます。
今日のお供は”ウィロー”Willowです。
サコシュの中身は水着とゴーグル。
帰り道はちょっと遠回りしたり、ふと気になっている所に寄り道したりできるので
ゴキゲンです。

いつも行列ができているラーメン(?)店『岐阜タンメン』

さっぱりした味、たっぷりの野菜、もやしもトッピングできます。
お腹を満たして用事を済ませて次の目的地・・・・は特にない。
ウィローくんはすいすい進み、ふと思い立って寄った神社。

静かな境内でしばしぼんやり。
少しのお賽銭でお参りです。
なんか、イイことありますように 🙏パンパン!
ウィローは気ままなサイクリングにもしっくりきます。


2018年10月13日土曜日

臨時休業のお知らせ

明日10月14日は都合により臨時休業いたします。
ご不便をおかけしますがよろしくお願いします。

2018年10月8日月曜日

モリコロサイクルフェスティバルのご報告

10月7日 
今年も広がる青空の元、モリコロサイクルフェスティバルに参加です。
いつになくコンディションはサイコー!
8周回を目指し意気込みました。
順位は昨年より40位ほど上げたものの
現実は無情なものです。
そびえ立つ8周の壁は、何とか滑り込もうと必死でペダルを回す私をいともたやすく跳ね返すのでした。

昨年は15秒。
今年は20数秒の超過で撃沈。
なになに、来年があるさ、
さらなる修行を重ねて8周到達!
目指せ!来年

スタートはこんな感じ
周りの方とたわいのない会話でリラックス。

レース後の私
抜け殻になりかけましたが、店に戻れば仕事が待ってます。
今年も大勢のお客さんと走ることができて、楽しい一時間を過ごしました。
みんなで一緒に走りましょう。

2018年10月6日土曜日

モリコロ サイクルフェスティバル

モリコロ サイクルフェスティバル
出口と私齋場は今年も60分エンデューロにエントリーです。
昨年は7周回完了手前で一時間が経ちました。
今年の目標は8周目に突入すること。
果たして願いが叶うのかいかに。

何をおいても大切なことは、”転ばない”こと。
結果はさておき、無理をせず、楽しみましょう。
皆さん、現地でお目にかかりましょう。
Do your Best!
そんなわけで、明日10月7日は午後2時より営業いたします。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。 


昨年の我ら

シューズもメンテナンス


最近、自転車用でも多くなってきたBOAを使ったシューズ
そんなBOAの講習を受けてきました。

BOAを使うメリットから修理メンテナンスの方法まで
BOAの特徴の一つステンレスワイヤーをナイロンコーティングしたレース
普通に使っていれば切れることのないレースも
使っていると表面のコーティングが痛んで滑りが悪くなり
締まり具合も悪くなってしまうので定期的な交換がおススメだそうです

そんな時はドバッツにシューズをお持ちください
バッチリ整備して快適なサイクリングを応援します!

2018年10月3日水曜日

サクシード

サクシード Dobbat'sがこの世に生まれて三十有余年。
今も多くの方々に選ばれているロングセラーモデルです。


オーダーメイドならではのライダーの乗車姿勢とクロモリならではの心地よい乗り味、
さらに創業時から変わらないコンセプトである”装飾のない美しさ”

ご紹介するサクシードは
電動コンポーネントDi2、フラットマウント油圧ディスクブレーキ、
スルーアクスル、テーパードカーボンフォーク
と最新の機能を持ちつつ
細身のチューブの持つしなりを生かしたロングライドを快適に走るための一台です。
ご覧あれ。

フレームと合わせて製作するステム
角度、突き出し寸法は全体の調和と操作性を考え決定します。


ディスクブレーキはロードバイクのためのフラットマウント規格です。


極上の仕上がりは丹精込めたドバッツならではのもの。



ぜひあなたの目でお確かめください。