2014年7月31日木曜日

清楚なフィービー

フィービーです。


オーナーは女性。ご主人と一緒にサイクリングをお楽しみです。


浅めの前傾姿勢でゆったり乗っていただけます。


別作したヘッドマークにはトルコ石が光っています。


Dobbat'sの書体も合わせてデザインしました。

羽ばたくサクシード

サクシードです。


立派な体躯のオーナーの使い道はツーリング。
デザインのモチーフは”コンドル”
ハンドルとサドルの落差を小さく、リラックスした姿勢をとることができます。



中南米っぽい雰囲気を感じます。



このステムのように明るい太陽の元、どこまでも羽ばたいてください。


エキップ 戦うリジッドバイク

29インチのリジッドモデルです。


サスにはサス、リジッドにはリジッドの走り方があります。
体重移動もハンドルの抑え込みも自分次第。


マウンテンバイクの原点です。


あれ?サスなシートポスト。
ちょっと弱気か。

マッドガード装備のフィービー

フィービーです。


オーダーメイドの自転車とは、見ていて飽きません。
作っている本人さえワクワクします。



オレンジベースにアイボリー。
境にはゴールドのラインが効いています。



合わせて製作したステムはワイヤーが貫通し、アウター受けを兼ねています。


直付されたブレーキと片持ちのアウター受け

ユニコーン

まさにシンプルなロードバイク『サクシード』です。
アテナ シルバーのコンポーネントとクイルステム。
真横から見た姿は凛としています。


サドルとハンドルの落差、シートポストやステムの出具合、
もちろんユーザーの姿勢を含めて設計をする結果です。






よっ!いい男!

フィービー

フィービーです。
落ち着いたシルバーをベースに透きとおったレッドの組み合わせです。


シルバーXレッドは決して珍しい組み合わせではありませんが、
お客様のアイデアで、ベースをシルバーにしたところがとても新鮮に思いました。








ハンドルとサドルもマッチングしていています。

王子様はエキップにまたがって


エキップです。
武骨になりがちなMTBをスマートでシンプルに。
キビキビした走りでレースにツーリングに頼りになる相棒です。


パールホワイト+レッド まさにシンプルです。


ロゴデザインもあらたに気分は白馬の王子様。

『作品展示場』OPEN!!

以前にお伝えした通り、当ホームページに設けていました『新作展示場』が何故か壊れてしまい、今まで手塩にかけた自転車達が見えなくなってしまいました。
何とかしなくてはと思い、この度、当ブログ上で『作品展示場』としてリニューアル』することと相成りました。
新旧問わず、ランダムにご紹介しますのでどうぞ御贔屓によろしくお願いします。





2014年7月30日水曜日

お宝

今日は水曜日。
店舗の営業はしない日です。
そこで、ちょっと倉庫の整理をしました。
店頭から引っ込めてそのまま忘れ去られてしまったものがいっぱい出てきます。
『ン年も用が無い物はいらないものである』
これを判断基準として、懐かしいものもありますが、ここは非情な取捨選択です。
とりあえず、ごみ袋3つ出ました。



でも、取り立てて価値があるものではないにしろ、ちょっとした『お宝』も出てきます。
今は無きサンツアー・シュパーブのブレーキセットやペダル
サンプレックス・スーパーLJのFメカ、シマノの初代デュラエース(当時、ジュラエースと呼んでいた)シリーズのリアメカ『クレーン』その他もろもろ。
つい、手に取ってぼんやりと眺めつつ、過ぎ去りし日々を回想するのでありました。
だめだっ!これじゃ、仕事にならない。

そのうち、ご紹介しますわ。



2014年7月29日火曜日

続ハンドメイドバイシクル・ミーティング・イン・京都

なかなか行く機会がない京都ですからちょっとワクワク。
自家用自転車でちょっと走ってみました。

風情のある路地



会場はココ。京都御所のチョイ東の『空井戸サイクル』さんです。


狭い店内はラッシュになります。





27日の最終日、開場前のひと時にちょっとだけ観光をしました。
六角堂です。
以前読んだ時代小説に出てきた場所です。
すなわちミーハーです。


来場された多くの方々にドバッツを知っていただきましたし、
若きビルダー達とお知り合いになることができ、刺激をもらいました。
彼らに負けないよう、カッコイイ自転車を追及していきますよ、これからも。


2014年7月25日金曜日

京都で展示会

”ハンドメイド バイシクル ミーティング イン 京都”というイベントが7月23~27日まで開かれています。
当ドバッツも出品しています。
京都の中心にほど近いのに小さな街角の自転車店の雰囲気も醸している『空井戸サイクル』がその会場です。
エリアも関東、関西、東海、東北、台北からと幅広く、はほとんどがスタートして2,3年の新進ビルダーたちです。
ごく小規模な展示会ながら、来場者も多く盛り上がっています。
彼らよりもほんのちょっとだけ早く始めたドバッツは、そのキャリヤの差を見せることができるのでしょうか。
そんな訳で週末は京都におります。



2014年7月21日月曜日

三連休スペシャル企画


『ドバッツ・ホリデーライド三連休最終日記念』と銘打って、ちょっとだけ拡大版、みんな大好き
プチ・ヒルクライム雨沢峠へ出かけました。
トイレ休憩兼精神統一のため『道の駅 瀬戸しなの』へ。
ロード乗りが雨沢を目指して大勢入れ替わり立ち代わりしています。
休憩や待ち合わせ場所に利用されているようです。
残念ながら駅長には会えませんでした。
初雨沢ライダーが2名一緒で、チョットだけ心配しましたがしたが、結果見事完走です。
いい汗をかきました。
因みに、愛知、岐阜の県境の温度計は23度とやっぱり下界より涼しいですね。

これからも時々『プチ・プチ・ヒルクライム定光寺』『プチ・ヒルクライム雨沢峠』を織り交ぜつつ
サンデー、サタデーライドを充実させていきたいと思っています。
気軽に参加してください。

写真はなし。ゴメンヤス。

2014年7月20日日曜日

地元で半日ツーリング

7月17日
お客さんのKさん、Mさんに誘っていただいた、名付けて『お気楽グルメツーリングIN足助』
走行距離約40km、天候は申し分なし!



元気なおじさんたちの図


足助の自然は深いのです。清流巴川


川をさかのぼっていくと『心岩』があります。




『千年杉』 全身筋肉といいたいような男らしいいでたち。





頑張って坂を上るとそこにはおしゃれなカフェ『春秋風亭』
炭焼きコーヒーと甘いフレンチトーストを頂きました。
至福の時です。

あ~~~楽しかった\(^o^)/